好好台湾

haohao taiwan 台湾グルメと台北暮らしのブログ

Read Article

台北の無料WiFi Taipei Free(台北フリー)を登録・使用してみた

台北の無料WiFi Taipei Free(台北フリー)
台北市に住んでいるとあちこちで目にする「TPE-Free」という無料Wi-Fi。これは台北市が提供する無料の公衆無線LANサービス「Taipei Free (台北フリー) 」のこと。MRTの駅改札付近にもたいてい設置されてるので、旅行中に見たことがある人も多いのでは。

というわけでこの無料Wi-Fiはどの程度使えるのか、今回実際に登録して使ってみました。

スポンサーリンク


アカウント登録方法

最初にTaipei Free (台北フリー)のアカウント登録をします。Taipei Freeのアカウント申請ページ(申請帳號)を開きます。

登録には台湾の携帯電話番号が必要なので、持っていない人はiTaiwanのアカウントを申請してください。iTaiwanのアカウントでもTaipei FreeのWi-Fiが利用できます。詳しくは下のiTaiwanの記事を。

Taipei Freeの登録手順 1

台湾の携帯電話番号を入力
台湾の携帯電話番号を入力

Taipei Freeのアカウント申請ページ(申請帳號)を開いたら、請輸入手機號碼に台湾の携帯番号、請輸入圖形驗證碼に表示されている数字を入力。

下の「Taipei Free Wi-Fi規定」の同意欄にチェックを入れ、「確定、請送認證碼給我」をクリック。

請輸入手機號碼:台湾の携帯番号を入力
請輸入圖形驗證碼:上に表示されている数字を入力

Taipei Freeの登録手順 2

SMSのメッセージ
SMSのメッセージ
SMSで送られてきた数字4桁とパスワードを設定
SMSで送られてきた数字4桁とパスワードを設定

すると台湾の携帯番号にSMSでメッセージが届くので、記載されている4桁の認証数字を入力。

その下の欄ではパスワードを英数字6~16桁で設定し、一番下の確認欄にも同じパスワードを再入力し、「確定申請」をクリック。

請輸入簡訊驗證碼:SMSに届いた数字
請輸入上網密碼:パスワードを入力
再次輸入上網密碼:上と同じパスワードを再入力

Taipei Freeの登録手順 3

「註冊成功」と表示されたら登録完了
「註冊成功」と表示されたら登録完了

「註冊成功」と表示されたら登録完了、あとはTaipei Free (台北フリー)のスポットでWi-Fiにログインして接続するだけです。

現地での使用方法

実際の使用方法も覚えてしまえば簡単です。

台北の無料WiFi Taipei Free(台北フリー)を登録・使用してみた
Taipei Freeが利用可能な場所でスマホのWi-FiをONにすると、上記のように「TPE-Free」や「TPE-Free_CHT」というネットワーク名が出てくるので、それを選択します。
「TPE-Free_CHT」は速度が速くなった強化版ホットスポットみたいな存在らしいです。

路線バスの中では時々「TPE-Free Bus」というのも見かけます。これももちろん使用可能。

台北の無料WiFi Taipei Free(台北フリー)を登録してみた
するとこのようなログイン画面が出てくるので、ここで「Taipei Free用戸」を選び、「請輸入您的帳號(手機號碼)」に登録した台湾の携帯番号、「請輸入您的網密碼」にパスワードを入力して「登入」をタップすればインターネットに繋がります。

「記住我的資訊」は入力した情報を記憶させておくかどうか、「下回自動登入」は次回も自動的にログインするかどうか。必要ならばチェックを入れておきます。が、実際には機能していない気が。。

アクセスポイント(HotSpot)の探し方

あとはどこで使えるか探すだけですが、アクセスポイント(HotSpot)の検索にはTaipei Freeアプリが便利です。

Taipei Free 臺北公眾區免費無線上網
カテゴリ: ユーティリティ
現在の価格: 無料

アプリを開いて「熱點搜尋」をタップすると地図上からアクセスポイントが探せます。このアプリで見るとMRTの駅周辺や大きめの道路沿い、交差点などではアクセスポイントが結構多い印象。

台北の無料WiFi Taipei Free(台北フリー)を登録・使用してみた
上のスクリーンショットは西門町の繁華街ですが、これだけあればすぐ探し出せそう。

台北の無料WiFi Taipei Free(台北フリー)を登録してみた
こちらは寧夏夜市周辺。この周辺はちょっとさみしげ。

台北の無料WiFi Taipei Free(台北フリー)を登録してみた
こちらは東区の忠孝敦化駅と国父記念館の間、アイスモンスターや東區粉圓など飲食店が多いエリアですが、この辺は繁華街といってもホットスポットは少なめ。

ちなみにこのアプリ、一度アクセスポイントの地図を読み込んでおけばオフラインでもある程度は使えそうだけど、アプリを終了させてしまうとダメみたい。。無料Wi-Fiだけに頼るならば、予め行動予定のエリアをスクリーンショットで残しておくのが安心かも。

台北の無料WiFi Taipei Free(台北フリー)を登録・使用してみた
アプリ以外で探すとしたら、このような公衆電話付近に設置されてることも多いです。こんな立派な公衆電話でなくても設置されてたりします。

パスワード変更など各種申請は会員専用ページから

台北フリーのアカウントを取得した後、パスワードを忘れてしまった場合やパスワードの変更、アカウントの削除Taipei Freeの公式ページ「帳號申請與變更」から申請できるので安心です。

私も登録後にパスワードを変更したくなり、こちらから申請したらすぐ変更できました。

iTaiwan(愛台湾)のアカウントでもTaipei Freeが利用可能

この台北フリーWi-Fiは、台湾全土で利用可能なiTaiwan(愛台湾)と相互利用が可能です。

台北の無料WiFi Taipei Free(台北フリー)を登録してみた
iTaiwan(愛台湾)のアカウントで登録した場合は、ログイン画面で「iTaiwan用戸」を選択しiTaiwanのアカウントを入力すれば利用可能です。なお、iTaiwanのアカウント名はパスポート番号、パスワードは生年月日8桁(yyyymmdd)です。

実際に使ってみてどうか

実際に街を歩きながらAPPでホットスポットを探すと、すぐに見つかりました。100mも歩けば別のホットスポットが見つかる状態だったので、思ったより便利そう。

台北の無料WiFi Taipei Free(台北フリー)を登録・使用してみた
肝心のWiFi速度も各場所で計測してみたら結果は上のように。同じ場所で2回づつ、計4箇所での結果です。( 使用したAPPはこちら )。

青の下線はネットワーク名が「TPE-Free」、赤の下線は「TPE-Free_CHT」の結果です。

圧倒的に「TPE-Free_CHT」の方が速く、実際にスマホでネットをするにも快適でした。「TPE-Free」の方は遅いながらもなんとか見れる感じ。ちょっとお店の場所を確認したい程度であれば問題なさそうですが、できれば「TPE-Free_CHT」を探してログインした方がいい感じです。

ちなみに建物内に入るとWi-Fi電波は届いているのにログインできないことが多々。例えば自宅近所のスターバックスでは店内でも台北フリーWiFiの電波が届いているのですが、店内からログインしようと試してもログインできたことがありません。台北市内の他の場所でも何十回も試しましたが、建物内でログインできたことがありません。壁やガラス窓を通すとダメなんでしょう。

そんな時は屋外に出てログインしてください。

まとめ

というわけで台北市の提供する無料WiFi「Taipei Free(台北フリー)」を使ってみた感じは、場所にもよるけれどまあまあという感じでした!登録は簡単だし、ホットスポットもそれなりにあるので、台湾のSIMカードやポケットWi-Fiを使わないつもりならば、登録しておいたほうがいいかもしれません。

ちなみに台湾滞在中のインターネット接続方法で一番のおすすめは台湾のプリペイドSIMカードを使う方法。台湾はSIMカード先進国なので空港で簡単に購入でき、ポケットWi-Fiなんかよりも断然安く、荷物も増えないので快適です。今使っているスマホをSIMフリー化すれば、台湾でSIMカードを購入するだけ。興味ある方はぜひ。


好好台湾(haohaotaiwan)

Taipei Free 台北無料公衆無線LAN
WEB:http://www.tpe-free.taipei.gov.tw/

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top