好好台湾

haohao taiwan 台湾ブログ

Read Article

台湾人の不思議、イングリッシュネーム

台湾人の不思議、イングリッシュネーム
台湾人と友達になると、大抵の人が英語の名前で自己紹介をする。トニーやニック、アンナなどと。
英語の名前!?日本人と変わらないその顔で?って初めの頃はこれがどうも不自然でならなかったけど、慣れると簡単で覚えやすいから便利。
考えてみたらイングリッシュネームだけで、本名知らない友達も多いかも。

台湾人のこのイングリッシュネーム、海外の友人がいる人や海外と仕事をする人などはみんな持っていて、そうでない人も最近ではほぼ持っているという。まぁ台湾人に限らずだけど。
イングリッシュネームを使う一番の理由は、中華圏以外の人にとっては中国語の名前は発音も漢字も覚えるのが難しいからというのが、理由らしい。

このイングリッシュネームはどうやって決めるのか聞いたところ、大抵の人は自分の好きに決めるんだそう。でもいつまでも決めないでいると学校の先生が「じゃああなたは●●●ね!」って決められちゃうんだって。
親が決めるわけではないし、ずっと同じ名前を使う人もいれば、途中で変更することも良くある事みたい。

ニックネームみたいな気軽なものなんだろうね、って思っていたけど、ある時アンちゃんのパスポートを見たらなんと!
パスポートに「English Name」の欄が!

すごい!
というか意外!
こんな公的証明書にも書かれているなんて。

時々変わったイングリッシュネームの人に出会うこともあって、ちょっと面白い。
今までで一番インパクトがあったのは「Et(イーティ)」。
これってもうあの映画のETしか思い浮かばない。でも超インパクトあるから覚えやすいけど、なぜETにしたのか突っ込んで聞けばよかった。
ちょっと変わったところでは「Kaori(カオリ)」。この子は日本語がペラペラな日本好きな女の子。こういうのもアリらしい。

中には兄弟で同じイングリッシュネームを使っている場合も。小さい頃に弟のイングリッシュネームを気に入った兄が「それいい名前だね!」って同じ名前を名乗ってるんだって。「兄弟で同じじゃ不便はないの?」って聞いたら「家族内で使うことはないし、不便はないよ」って。

日本人にはあまり馴染みのないイングリッシュネーム。なんかいろいろと不思議だけど、おもしろい。

にほんブログ村
好好台湾(haohaotaiwan)

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

LEAVE A REPLY

*

Return Top