好好台湾

haohao taiwan 台湾グルメと台北暮らしのブログ

Read Article

台湾新幹線3日間乗り放題パスが便利でお得!台湾国内旅行におすすめ

最近、台湾南部の台南や高雄へ行く際に利用している台湾新幹線の3日間乗り放題パスが結構便利なのでおすすめです。旅行直前でも割引価格で買え、使い勝手も思っていたほど面倒なことはなく、しかも3日間乗り放題なので使い方によってはとってもお得になります。

スポンサーリンク


台湾新幹線3日間乗り放題パスとは

台湾新幹線3日間乗り放題パス
台湾新幹線3日間乗り放題パス

台湾新幹線3日間乗り放題パスとは、台湾へ訪れる外国人限定で販売されているチケットで、3日間台湾新幹線(高鉄/ガオティエ)が何度でも乗り放題になる周遊券です。販売価格は2,200台湾元(約8,000円)。この他に7日間のうち好きな2日間だけ乗り放題になるチケット2,500元などもあります。

この乗り放題パスでは指定席と自由席が利用でき、グリーン車に相当する商務車輌(ビジネス車輌)は利用できません。

台北から台中・台南・高雄方面へ行くには台湾新幹線のほか、一般の鉄道(台湾鉄道)、高速バスでも行け、台湾国内線の飛行機は直行便が飛んでいません。そのため時間を有効的に使いたい旅行者の方には移動時間が最も短い新幹線の利用が一番おすすめです。

台北⇔台南の往復で元が取れる

台湾新幹線の指定席・台北から台南までの片道料金は1,350元、往復2,700元(割引なしの価格)。この乗り放題パスは2,200元なので、台北から台南以南(といっても台南以南は台南駅と高雄の左営駅しかありませんが)の単純往復で元が取れてしまいます。

台北から出発し、2泊3日で台中・嘉儀・台南・高雄などの周遊旅行をすると結構お得になりますね。

台湾新幹線の正規ホームページから予約する場合、早割が適用されれば最高35%割引になることもあるので、両方見比べながらその時に安い方で購入するのが賢明です。

3日間乗り放題パスの購入方法

いくつかの旅行代理店で扱っていますが、私がいつも利用しているのは台湾の現地ツアーなどを豊富に取り扱っているKKDAYというサイト。

  • 連続3日乗り放題(TWD2,200)
  • 7日間以内のお好きな2日乗り放題(TWD2,500元)
  • 2つからプランを選択し、利用開始日と人数を入力し、購入ページへ進んで名前やパスポート番号を入力し、クレジットカードかLINE PAYで決済するだけ。

    購入完了後、メールでバウチャーが送られてくるので印刷して台湾へ持って来ればOKです。2回目は印刷が面倒だったので、スマホでバウチャーの画面をそのまま見せてもOKでした。

    購入は前日まで。直前でもこの価格で新幹線に乗れるのはお得です。

    乗り放題パスへの引き換え方法

    台湾新幹線の定期券/回数券窓口
    台湾新幹線の定期券/回数券窓口

    台湾新幹線各駅にある定期券/回数券と書かれた窓口でバウチャーと乗車する全員のパスポートを提示し、乗り放題パスに引き換えます。この時に指定席の指定もできます。

    乗り放題パスの受取時に必要なモノ

  • バウチャー
  • 乗車する全員のパスポート
  • この「定期券/回数券の窓口」は利用者が少ないので、隣の一般の窓口に比べ空いています。私が利用した2回とも、台北駅の窓口はほぼ待たずにすみました。

    乗り放題パスでの乗り方

    乗り放題パスはこんな感じ
    乗り放題パスはこんな感じ

    乗り放題パスはこのような紙製で、内側に指定席の情報などを窓口の係員さんが手書きで書いてくれます。

    台湾新幹線の改札前
    台湾新幹線の改札前

    この3日間乗り放題パスでは自動改札は通れません。台湾新幹線の改札前にいる係員さんに乗り放題パスとパスポートを見せ、自動改札横にある手動ゲートから入ります。利用するまで私は、この係員に毎回見せて改札を出たり入ったりするのが面倒かなと思っていたのですが、台北駅の改札前には常に係員が待機してくれていて時間もかからないので全く面倒ではありませんでした。

    到着駅で改札から出るときも同じく係員さんに提示してから出ます。

    3日間乗り放題パスの便利な点

    周遊にぴったりな台湾新幹線3日間乗り放題パス
    今まで2回使ってみて感じた便利な点は

    便利な点その1:台湾新幹線が乗り放題

    まずはなんといっても3日間台湾新幹線が乗り放題になること。始発の南港駅から終点の左営駅(高雄)までどの区間を何回乗っても2,200元。台北-台南の単純往復で元が取れるので、追加であと1都市行くとかなりお得に。台湾新幹線の各駅制覇なんてこともやろうと思えば可能です。

    便利な点その2:時間を気にせず新幹線に乗れる

    これは私の場合ですが。
    今まで台湾新幹線に乗る場合は公式ホームページから事前に、帰りの分も指定席を予約していました。なかには帰りの便は当日に購入するよって人もいるかもしれませんが、私は常に往復予約するタイプでした。このいい点はもちろん往復の席が確保されているということ。特に台湾の連休や土日に重なる場合は安心です。でも何時までに台湾新幹線の駅に着かないと、と常に時間を気にして行動してました。

    でもこの3日間乗り放題パスは旅行開始日にパスに引き換えてから席の予約ができるので、だったら帰りの便は当日でいいやと割り切れるようになったんです。

    初めてこの乗り放題パスを使った時は1泊2日の高雄だったのですが、1日目に台北駅で高雄行きの指定席だけ取り、帰りの分は取らずにいました。帰りは月曜日だったこともあり、それほど混むこともないと思っていたからです。

    帰りの便を予約していなければ2日目高雄での行動次第で好きな時間に新幹線に乗れるということ。結局2日目の夜は台北でほかの友達も一緒に夕食を食べることになり、予定より早めに戻ることにしました

    このように、その日の予定や気分次第で好きな時間に新幹線に乗れるのはとても便利。私のように旅先でもあまり計画せずに行動するタイプにはピッタリで好都合です。

    3日間乗り放題パスの注意したい点

    注意したい点もあります。

    注意したい点その1:事前の指定席予約ができない

    やはり事前に日本から往復の指定席を予約できないこと。平日ならまず問題ないでしょうが、旧正月期間や台湾の3連休・4連休と重なる日程だと席を確保できるのか心配です。なので台湾の連休も確認しつつ、日程に合わせて正規ホームページでの予約と、この乗り放題パスを使い分けるのがおすすめです

    注意したい点その2:都市によってはローカル線移動の方が便利

    台湾鉄道・自強号の台南-高雄のチケット
    台湾鉄道・自強号の台南-高雄のチケット

    新竹、台中、台南など新幹線の多くの駅は街の中心地と結構離れています。そのため新幹線の駅からさらにローカル線に乗り換えて、あるいはタクシーで中心街まで移動することがあります。そのため都市間によっては新幹線に乗るよりローカル線で直に移動した方が早くて便利ということもあります

    例えば、台南-高雄間。
    2回目にこの乗り放題パスを利用した時は、2泊3日で台南、高雄に一泊ずつの台湾国内旅行でした。行く前はこのパスで台北-台南、台南-高雄、高雄-台北と3回新幹線に乗れるねと話していたんですが、台南についてよくよく考えてみたら、台南の中心地である台南駅(台南火車站)からローカル線に乗って新幹線の高鐵台南駅まで戻り、新幹線に乗って高鐵左営駅まで行き、さらにMRTで高雄駅(高雄火車站)へ行くより、台南駅(台南火車站)から台湾鉄道の自強号で直に高雄駅(高雄火車站)まで行った方が乗り換えもなく便利なことに気づいたんです。ちょっと複雑ですかね。

    もっと早く気づけよって感じですが、その辺特に何も考えていませんでした(笑)

    自強号を待つ台南駅のホーム
    自強号を待つ台南駅のホーム

    自強号に乗っている時間は約40分、運賃は106元でした。
    どうしても新幹線に乗って移動したいという人以外は効率的な方を選択しますよね。なので結局、台湾新幹線に乗ったのは台北-台南と高雄-台北の2回でした。

    このように近い都市間を移動する場合、新幹線を使うより台湾鉄道(ローカル線)で移動した方が乗り換えもなく便利ということもあります。

    片道チケットも2割引で購入できる

    KKDAYでは乗り放題パス以外に片道チケットもあり、定価の2割引きで購入できます。

    出発駅ごとに購入ページが異なるのがちょっと面倒なんですが、例えば台北-台南往復や台北-高雄往復チケットも購入できます。

    好好台湾
    こんなにお得なら年明けにどこか行こうかな。どこ行こう?

    いろいろ便利なサービスがあるKKDAY

    このKKDAYというサイト、以前から存在は知ってましたが、今年6月にこの乗り放題パスを購入するのに初めて利用しました。よく見てみると他にも面白そうなツアーや便利そうなサービスが結構あるんですよね。

    中華電信の4GLTEプリペイドSIMカード
    中華電信の4GLTEプリペイドSIMカード

    桃園空港で中華電信の4GプリペイドSIMカードが時間外でも受け取れ、ちょっと安く購入できるサービスなんかは便利そうだなと思いました。
    ただ、先日香港からの帰りに桃園空港のターミナル1で行列をみかけたのですが、それがこの受け取りカウンターですね。そのカウンターはSIMカードの受け取りだけではないと思うのですが、こんなに人気なのかと行列を見てギョッとしました。私が見たのは20:30頃で30人くらい並んでいたので、時間を気にする人は普通に中華電信やその他の携帯会社のカウンターで購入するほうがそれほど待たずに済みそうです。

    予約のできない鼎泰豊で優先入場できるプランも!
    予約のできない鼎泰豊で優先入場できるプランも!

    予約ができない小籠包(ショウロンポウ)で有名なあの鼎泰豊(ディンタイフォン)、でもKKDAYなら信義店(東門駅の本店)と101店で時間指定ができ優先入場できるコース料理のプランなんてのもあります。

    好好台湾
    こんな風に書いてるけどステマやKKdayの関係者ではありません 笑。ただ使ってみて良いと感じたので紹介しているだけ

    まとめ

    前日までの購入でも割引価格で購入できる、お得な台湾新幹線の乗り放題チケット。気ままに自由席で移動するもよし、指定席を予約するもよし。使い方によってはとってもお得になるこのパスで、まだ行ったことのない都市まで出かけてみるのもいいですね。

    好好台湾(haohaotaiwan)

    台湾新幹線(高鉄)乗り放題チケット
    Web:KKDAY

     

    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう

    最新情報をお届けします

    LEAVE A REPLY

    *
    *
    * (公開されません)

    Return Top