好好台湾

haohao taiwan 台湾ブログ

Read Article

平渓天燈節・ランタンをあげて十分の街を堪能の巻

平渓天燈節・ランタンをあげて十分の街を堪能の巻
十分駅に到着したのが12時前。そこからゆっくり歩いて30分くらいかな、道の両脇にある屋台を覗きながら歩いて行くと平渓天燈節の会場に到着。地図も確認せず、なんとなく歩いて行ったけど無事に到着。

雨が降る中、ここで記念写真を撮り、本人はもうすでに満足気味。

平渓天燈節・ランタンをあげて十分の街を堪能の巻
そして、人が集まっているテントの方へ行くと

平渓天燈節・ランタンをあげて十分の街を堪能の巻
ここでランタンあげの整理券を配っていた。とりあえず「最後尾はここです」って意味?のところに並ぶ。
雨の中、スタッフさんも大変・・。

平渓天燈節・ランタンをあげて十分の街を堪能の巻
チケットが手に入らなければそれでもいいやと思っていたけど、あっけなく整理券をゲット。

でも整理券には集合時間19:40と。聞くと、ランタンをあげるのは40分後の20:20から。うーん、かなり遅い・・。それまでこの雨の中、時間を潰せるか自信がない。

平渓天燈節・ランタンをあげて十分の街を堪能の巻
整理券と一緒に配られたランタン型の記念品。中には1元コインが入っている。

平渓天燈節・ランタンをあげて十分の街を堪能の巻
そしてパンフレットと

平渓天燈節・ランタンをあげて十分の街を堪能の巻
バレンタインデーだから、ハート型のチョコレート。

この時点でまだ12:30。会場周辺にいても時間は潰せそうになかったため、十分駅のほうへ戻ることにした。

平渓天燈節・ランタンをあげて十分の街を堪能の巻
十分駅に戻る道の両側には屋台がたくさん出ていて、こんな時間でもお客さんはたくさんいる。さすが平渓天燈節。そして何故か豚の丸焼き。

平渓天燈節・ランタンをあげて十分の街を堪能の巻
やたら混雑していた滷味のお店を横目に、最初に食べたのは

平渓天燈節・ランタンをあげて十分の街を堪能の巻
イカ焼き。
雨の中、アツアツのイカ焼きを食べながら、これからどう時間を潰すか心配になる・・。

平渓天燈節・ランタンをあげて十分の街を堪能の巻
駅の方へ戻ると線路の両脇のお店を物色しつつ、座って休めるお店を探すが、どこも観光客でいっぱい。

ここで結構驚いたのが日本人の多さ。若い人からおばさんの集団まで、あちこちから日本語が聞こえてくる。ランタンに書かれている文字にも日本語がチラホラ。

平渓天燈節・ランタンをあげて十分の街を堪能の巻
線路上では小雨が降る中、ランタンをあげる人達。
この人達も日本人っぽいね。

平渓天燈節・ランタンをあげて十分の街を堪能の巻
線路からちょっと奥まった場所にあるこの「樓仔厝」という民宿兼コーヒーショップらしいお店。座れるかな~と奥に進むと、中は意外に広い。

平渓天燈節・ランタンをあげて十分の街を堪能の巻
テラス席の満席具合に希望をなくしかけたけど、店内は意外にも空席あり。本当に良かった。。
ごはんを食べたかったけど、あいにくこの日だけの特別メニュー定食(3種類)しかなく、あまり美味しそうではなかったので、お茶だけ注文し、しばらく休憩。

平渓天燈節・ランタンをあげて十分の街を堪能の巻
樓仔厝を出た後は、このおじさんが焼く豚の串焼きや

平渓天燈節・ランタンをあげて十分の街を堪能の巻
線路沿いの「日進小吃店」というお店で魯肉飯を食べたり。

そして候硐駅で購入した鉄のポストカードを友達へ宛てて出したり。

平渓天燈節・ランタンをあげて十分の街を堪能の巻
17:00過ぎになると辺りは暗くなり出し、ランタンをあげる人達も増えてきた。

十分の空には相当な数のランタンがあがっていて、とてもいい雰囲気。やっぱり夜の方が綺麗に見えるね。

平渓天燈節・ランタンをあげて十分の街を堪能の巻
こんなハート型のランタンも。大勢の人が写真を撮っていた。

平渓天燈節・ランタンをあげて十分の街を堪能の巻
中には風で横に飛ばされたり、電線に引っ掛かってうまく上がらず燃えてしまうランタンも・・。お店の人に水をかけられ、無残な姿に。

そして自分たちもランタンあげに挑戦。墨を使ってランタンの4面に願い事を書いて、記念撮影。ランタンの中に火をつけるとみるみる膨らんできたところで手を放すと。

平渓天燈節・ランタンをあげて十分の街を堪能の巻
結構な勢いであがっていく。
(これはお店の人が撮ってくれたもの)

平渓天燈節・ランタンをあげて十分の街を堪能の巻
無事に空へ上がっていった(この一番大きいやつ)
そして、あっという間に上空へ。

そう、今回十分に来て一番驚いたのはランタンのあがる早さ。思っていたより上がるのが早くて、ビックリ。

ランタンをあげるのに夢中になっていたら、もう18時前。そろそろ第一弾のランタンが上がる頃なので、会場に向かうと、周辺は人・傘・人の大混雑。でもなんとか会場近くまで行くと、ライトが消され、掛け声とともにたくさんのランタンが空へ上がっていく。

平渓天燈節・ランタンをあげて十分の街を堪能の巻
傘の間からあがっていくランタンたち。写真がブレブレ・・汗

平渓天燈節・ランタンをあげて十分の街を堪能の巻
iPhoneで撮った写真じゃ、あの感動は伝えられないけど、実際は超きれ~だった!!!

実際はこんな感じ。

風に乗ってランタンはあっという間に見えなくなり、あっさり1回目終了。
そして2回目では注目されていたパンダの赤ちゃん、圓仔のランタンが燃えてしまうハプニングも。

結局2人とも疲れ果て、19:40までは待てないという状況だったため、会場でのランタンあげは諦めて帰路へ。

予約していた帰りの電車には間に合わない時間だったから、バス待ちの行列に並ぶ。
列は2つに分かれていて、座りたい人は2時間待ち、立ちでもOKって方は30分待ちだよ、とスタッフのお兄さん。
座って帰りたいけど2時間も待てないから、立ったまま帰る方を選び列に並ぶと、ちょうど30分くらいで順番がきた。スタッフの人達が「バイバーイ!」と笑顔で手を振ってくれるなか、無事バスに乗れ1時間弱で動物園駅に到着。

終わってみれば、雨でも行って良かったと思えるこのイベント。でもまた行くならば、雨の日は避けたいなぁ。

平渓天燈節へ行った皆さん、お疲れさまでした。

好好台湾(haohaotaiwan)

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top